品質工学会 各種規定

【暫定】品質工学研究発表大会カタログ展示会に関する覚書

1.情報,連絡

1)広報部会は募集内容(企画書(出展社予定数を明記)&募集のビラ等)を実行委員会と合意する。
2)広報部会は大会1週間前までに,以下の出展情報を実行委員会へ連絡する。連絡後に変更があった場合はすみやかに実行委員会へ連絡する。また,予定の出展社数を上回る場合は,1週間前を待たずに,すみやかに実行委員会へ連絡する。
 ①出展企業数および企業名
 ②長テーブルおよび電源タップ必要数
3)出展者から企画合意の範囲を超える要望がある場合は,理工企画を窓口とし,理工企画より広報部会へ連絡する。
 ①大会開催前は,理工企画または広報部会より事務局または実行委員会へ連絡する。
 ②大会開催中は理工企画または広報部会より受付(事務局)へ連絡し,対応について判断する。
4)出展スペースのレイアウトが決まり次第,実行委員会より広報部会に通知する。

2.入場方法

1)理工企画スタッフ向けに参加券1枚を提供する。
2)理工企画より会場設営,撤収のため入場する者は受付で腕章を受け取り入場する。腕章は,退場の際,すみやかに受付に返却する。
3)出展企業1社あたり参加券(一般参加者とは色違い)2枚を提供する。
 ①参加券は品質工学会事務局で作成し,理工企画より出展企業へ渡す。
 ②理工企画は参加券が残った場合には速やかに事務局に返却する。
4)出展企業は受付で参加券を参加証1枚および論文集1冊と引き替える。引き替えは参加者本人に限り,代理人による引き替えはこれを認めない。
 ①入場は1日目10:30(セッション開始)以降とする。
 ②会場内では参加証は常時身に着けること(首からぶら下げる)。参加証を身に着けていれば各発表会場への出入り,聴講は自由とする。
 ③論文集の引き替えは開催期間中のみとし,後日の引き替えはこれを認めない。
 ④開催期間内の参加証の引き継ぎ(1日目と2日目で異なる人が参加する,など)も可とする。
5)各出展企業において2名を超える参加者については一般参加扱い(有料での参加)とする。

3.会場設営

1)会場設営は1日目10:30以降に行う。
2)会場撤去は2日目14:40(受賞記念発表開始)以降に行う。

4.その他

 本覚書にて合意した内容を越える事象が発生した場合には,理工企画,広報部会,大会実行委員会の3者により誠意をもって解決を図ることとする。