品質工学会 各種規定

【暫定】品質工学会 ASI賞規程

1998年3月1日制定
2000年3月30日改訂
2016年4月20日改訂

第1条 総則と範囲

1.1 品質工学会は,American Supplier Institute(ASIと呼ぶ)と協力してASI賞を設ける。
1.2 ASI賞は,前年度の品質工学誌に掲載された「開発と研究」,「事例研究」の論文を主とするが,広く世界に品質工学を紹介するするにふさわしい思われる「実施報告」,「論説」,「解説」も対象とする。以後これらの対象を報文と呼ぶ。
1.3 品質工学会が授与する他の賞とは独立にし,重ねて授与することもある。

第2条 審査方法

2.1 ASI買の審査はASIが行い,賞に該当する候補を選択する。
2.2 審査にあたり,品質工学会が強力する。サボート実務は品質工学会審査部会が担当する。
2.3 ASI賞は,品質工学会役員会で,ASIが選定した候補を審議し承認する。
2.4 ASI賞の承認においては,ASIの審査を尊重する。

第3条 表彰

3.1 表彰は,賞状と賞盾とする。
3.2 賞状は,報文の連名者で学会の会員にたいしても贈る。
3.3 表彰は,議当年度の品質工学研究発表大会の場で行う。
3.4 賞の対象となった報文は,ASIのシンポジウムあるいはフォーラムが開催されるときには,ASIが発表する機会が与えられる。
3.5 品質工学会は,上記3,4に該当する発表があったときの渡航や翻訳など発表の費用を負担しない。

期4条 告知

4.1 賞の告知は,原則品質工学会役員会の承認をもって行うが,告知のタイミングにより部会長会での承認をもって告知する場合もある。
4.2 告知は,品質工学会のホームページと会誌で行う。

第5条 附則

本規程は,品質工学会とASIの代表者の承認により確定される。承認は,電子メールなど手段は問わないものとする。

(覚審)

品質工学会は,上記に関連する諸規定の連用ならびに検討について,ASIと連絡を密にとる。
本期程は,ASIの要求を反映するために,第1条総則を改訂した。さらに第2条,3条については,現状の審査を反映した。また第3条の告知の部分を第4条に分けて改訂した。(第三版にて改訂)