品質工学会 各種規定

【暫定】品質工学会 日本規格協会理事長賞規定

平成27年12月14日制定

第1条(総則)

1.1品賀工学会に品質工学会日本規格協会理事長貴を設ける。
1.2(趣旨)品質工学会日本規格協会理事長賞は広く日本の標準化に貢献すると思われる成果に対して与えるものであるが,品質工学の実践と普及をとおし,個別企業や研究組織などの組識体への継続した貢献ないしは社会への貢献を重視する。
1.3 品質工学会日本規格協会理事長賞は1.2項の趣旨に沿って応募された,品質工学の実践と普及に貢献した個人ないし組織体に授賞する。なお応墓は.自薦・他薦を問わない。また,賞の数は毎年原則1件とする。
1.4 該当する個人ないし組織体がないときは,その年度は賞を贈らないことがある。
1.5 品質工学会の他の賞とは独立とし,重なって授賞されることを妨げない。
1.6 審査費用の一部ならびに賞としての盾などと賞状と副賞を一般財団法人日本規格協会より受ける。

第2条(審査体制)

2.1 品質工学会内に日本規格協会理事長賞審査委員会を設定する。
2.2 審査委員会の構成は,審査委員長を一般財団法人日本規格協会理事長とし,一般財団法人日本規格協会から委員長とは別に委員を3名,品資工学会から委員を3名任命する。
2.3 審査委員会の下に書査事請局を置く。
2.4 審査委員の氏名は,震災委員長以外は公表しない。

第3条(審査方法と決定)

3.1 賞の候補を公募する。推薦者は推露書(応募書)を審査事務局に提出する。
3.2 候補者および推薦者は品質工学会員であるとする。候補者あるいは推薦者が組織体の場合には,品質工学会員が所属していることとする。
3.3 審査委員会は自薦及び他薦された個人,組織体の候補の中から審査の上,日本規格協会理事長賞にふさわしい個人あるいは組織体を選定する。
3.4 審査委員会は,一般財団法人日本規格協会に審査結果の承認を求める。
3.5 一般財団法人日本規格協会は審査委員会の審査結果を尊重し,選定された個人あるいは組織体への授賞を承認する。
3.6 品質工学会役員会は,一般財団法人日本規格協会の承認を得た個人あるいは組識体への授賞を決定する。

第4条(公示)

4.1 品質工学会役員会にて受賞者を決定後.審査部会名で審査結果を学会誌に会告として掲載する。

第5条(表彰)

5.1 表彰は原則として品質工学研究発表大会において行う。
5.2 表彰は盾などと賞状とする。
5.3 副賞として,一般財団法人日本規格協会より出版されている田口玄一論説集(全4巻)を授与する。

第6条(守秘義務)

6.1 審査委員長および審査委員ならびに審査事務局の構成員は選考および審査の経過・内容について,授賞後といえども他に漏らしてはならない。

第7条(主管)

7.1 本規定の主管は審査部会とする。

第8条(規程の改定または廃止)

8.1 本規程の政定および廃止については,役員会の議決をもって行われる。

以上

付則(覚え書き)

1) 品質工学会は,規定の運用ならびに検討については,一般財団法人日本規格協会と連絡を密にとる。
2) 審査の基準にっいては,別途定める。